Service

シェアメディカルは、「つなぐ=∞」をテーマに、「医療」「IT」「人」を繋いでいくサービスの提供を行っていきます。シェアメディカルは、「つなぐ=∞」をテーマに、「医療」「IT」「人」を繋いでいくサービスの提供を行っていきます。

取り扱いサービス一覧

株式会社シェアメディカルの提供する自社製品は、医療従事者・医療施設のためのサービスやツールを、日本国内の基準だけでなく、HIPPAのような国際基準に則った形で、自社開発したサービスの提供を行っています。サービスを提供するにあたり、様々な医療従事者の声を大切に、医療の発展に貢献できるサービスの提供を一つでも多く手掛けていきたいと思っております。 また、自社製品に限らず、コラボレーションした他社製品も取り扱います。

MediLine(R) メディライン(R)

医療用メッセージングツールMediLine®メディライン

  • MediLineのiOS版のダウンロードはこちら
  • MediLineのAndroid版のダウンロードはこちら

メディライン®は、医師や薬剤師、看護師など医療に携わる専門家同士の専用ホットラインです。組織内で運用されるので第三者が入ってくることはありません。やり取りする会話は高強度に暗号化され、患者さんの個人情報を含む機微な情報をやりとりする事が可能です。
民生用のチャットツールと異なり、プライベートと仕事とやりとりを物理的に分けることができるので、誤って個人情報を漏洩してしまったりする事故を未然に防ぐことが出来ます。

主な用途

  • 院内連絡用勤怠の連絡から、訪問診療時の患者さんとのやりとりの記録、また検査データ、バイタルデータのやりとりなど。
  • カウンセリング2015年12月から施行される企業のメンタルチェックに最適です。医療者は1to1で患者とホットラインを結ぶこともできるので、患者とのコミュニケーションや、認知行動療法などにも応用可能です。
  • 外部連携既存のシステムと連携することも可能です。医療機器の通知プラットフォームとしても活用できます。
医詞 いことば

医療辞書搭載スマートデバイス用
日本語変換(IME)アプリ医詞いことば

  • 医詞のAndroid版のダウンロードはこちら

医詞(いことば)は約24万語の医療辞書を搭載した日本初の医療者用日本語変換キーボードアプリです(※)。従来、PC向けには優れた変換メソッドや辞書データがありますが、タブレットやスマートフォンなどスマートデバイスは、辞書が貧弱であり、難解な医療用語を入力しても、一度に変換できない、変換候補に出てこないなど、決して満足できるレベルではありませんでした。弊社では、こうした医療者の声をヒントに医詞を開発。辞書はPC向け医療辞書では定評のあるオフィス・トウェンティーワン社製の「医療辞書2015」を採用。病名や医薬品名、成分名など難解かつミスが許されない厳しい臨床環境でストレスフリーで入力出来るように設計しました。公開されている様々な医療アプリと協同して利用することでタブレットやスマートフォンを医療専用機として臨床で活用できるレベルに引き上げます。

※iOS、Android両対応アプリとして初

ページトップ