東京都千代田区大手町1-6-1​ SPACES大手町ビル 03-6841-4127

Copyright © Sharemedical 2014, All Rights Reserved.

​聴診器デジタル化ユニット

聴診器に200年ぶりのイノベーションを!

~アナログからデジタルへ進化することで聴診を再発明~

コンセプトは「今使っている聴診器をアップデートする」

新しい聴診器、聴診法を作るのではなく、今使っている愛用の聴診器(チェストピース)そのものを後付でデジタル化しアップデートする。そして日常の臨床をちょっと便利にする。そんな想いで小児科専門医と共同で、19世紀に発明されて以来約200年間進化のなかった聴診器を便利にする聴診器デジタル化ユニット『ネクステート』(特許登録済)が誕生しました。

 

​一人の医師の悩みに想を得る

〜 「聴診を再発明する」開発ストーリー 〜

「学校検診で1日に100人も聴診すると耳が痛くなる」それは一人の医師の悩みから始まった。聴診器のイヤーピースで耳介が圧迫されて痛い。おそらく世界中の内科系ドクターなら共通の悩みだろう。この200年の悩みを解消する。聴診器デジタル化ユニットを開発に至る発端だった。

我々開発チームのデザイナーは、すぐさまいくつかプロダクトデザインを起こした。19世紀のフランスで発明された聴診器は形と素材を変えながらも聴診器自体の基本構造はほとんど進化していない。

"聴診器を進化させる" ー 完成された基本構造を踏襲しつつ最新のデジタル音響テクノロジーを組み込む事で聴診器はリープフロッグを経験する。

 
 

自らの聴診力を鍛える

聴診研究会

ネクステート開発に合わせ新たに『聴診データ研究会』を設立。ネクステートで録音した聴診音を共有し実践医学教育に役立てるプラットフォームです。
実際に医師によって録音された聴診音を公開しています。

​機能の紹介

ネクステートは心音や肺音など微弱な生体音声をデジタル化するだけでなく、アンプによって1000倍に拡大。さらにワイヤレス化する事で自由な聴診スタイルを実現。ノイズリダクション機能によって騒がしい診察室の環境ノイズを抑止します。
医療者の聴診力をサポートする ー 
最新の音響テクノロジーが聴診器に"進化"をもたらします。

内蔵された最新のデジタルシグナルプロセッサによって生体音声をリアルタイムに補正し心音や肺音などを強調処理し聞き取りやすくする他、ノイズリダクション機能によって騒がしい診察室内で最適な聴診を実現します。

ネクステート製品仕様

​名称:HB-01「ネクステート」 

外形寸法: H:50mm W:42mm D:20mm

重量:42g

連続使用可能時間:4時間​(USB充電式)

モード:Heart、Bless、Low-Pass、Through

​出力:Φ3.5mm ✕2 / micro USB

​ワイヤレス:あり(Bluetooth)

​価格:オープン価格

 

 ネクステート予約発売開始

 
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン