【日経デジタルヘルス】新型コロナを音で検知、デジタル聴診がもたらす「気付き」とは

Webメディアの日経デジタルヘルス/日経クロステック誌に掲載されました

デジタル聴診デバイスを手掛けるシェアメディカル(東京・千代田)は2021年5月13日、新型コロナウイルス肺炎を含む呼吸器疾患の早期診断・重症化予測を目的としたAI(人工知能)聴診デバイスの研究を聖マリアンナ医科大学と共同で始めると発表した。同社のデバイスを用いて呼吸器疾患の有病者と健常者の聴診データを収集し、両者を区別できるか検証する。200年の歴史を持つ聴診の進化を通じて狙うのは診察のリモート化だ。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05613/

74回の閲覧0件のコメント