11月21日 Medical Future Map 〜未来の医療について考える〜登壇決定



医療者、医療系事業家、非医療系事業家、それぞれで語っていても何も変わらない。初めて同じステージで語り合うはじめてのイベントに、医療系事業家として代表の峯が登壇します。破綻秒読みの皆保険制度、高額医薬品、外国人医療・・・山積する課題に、各界のオピニオンが真正面から取り組みます。医療の未来を見に来てください。


■開催日時 11月21日(水) 18:30~20:30 *受付時間:18:00~18:30  なお、19:30以降にご来場の場合は、当日連絡先をおしらせしますので、到着後そちらにご連絡ください。

■場所 EDGEof (エッジオブ) 2F 東京都渋谷区神南1-11-3 渋谷駅より徒歩5分 TOWER RECORDSの向かい

■参加対象 「医療」はどんな方もが当事者です。 誰でも参加OKなのでお気軽にお越しください!

■参加方法 Peatixよりお申し込みください。

https://peatix.com/event/565841


【登壇者プロフィール】 織田聡 / SATOSHI ODA 日本型統合医療を提唱し、西洋医学と種々の補完医療との連携構築を目指し、インフラの整備(みんなのカルテ)と教育(統合医療支援セミナー)に尽力。東洋医学的哲学を基盤に、ICTやAIなどを活用した先進的医療にも精通する。 また、僧籍(臨済宗妙心寺派)をもち、早くから禅の医療や介護への利用を模索している。寺院を活用した地域コミュニティ再生にも期待されている。

峯啓真 / YOSHIMASA MINE 医療アプリの草分けとして、iPhone日本上陸当初より医療アプリ開発を手がける。様々なヒットアプリを生み出す。医療の電子化、効率化に情熱を傾けていたが、東日本震災を目の当たりにし、それまでの電子化一辺倒から、もっと根本的な医療の効率化を考えるようになり、人と人のコミュニケーションの中にこそ解決策がある!と思いたち医療用チャットサービス「メディライン」を開発・運営している。

留目真伸 / MASANOBU TODOME 総合商社、戦略コンサルティング、外資系IT等で要職を歴任後、2006年にレノボ・グループに入社。ノースカロライナ州のグループ本社での事業統合のマネジメント等を経験した後、レノボ・ジャパンおよびNECパーソナルコンピュータの代表取締役社長兼CEOに就任。スタートアップとの協業を推進し新規事業も大きく拡大した。2018年5月にHIZZLEを創業。2018年7月より資生堂のCSOに就任。

0回の閲覧
東京都千代田区大手町1-6-1​ SPACES大手町ビル

Copyright © Sharemedical 2014, All Rights Reserved.