ネクステート・シナプス導入事例「医師と患者の関係の中で聴診器を当てるということは信頼関係の要」

ネクステート・シナプスはオンライン診療指針にも定められているD to P with N型(遠隔地の医師と患者をオンラインでつなぎ、患者の側に看護師がいてケアできる形態)をサポートする世界でも初めてのオンライン診療遠隔聴診プラットフォームです。 従来の在宅診療の延長線で実施可能であり、多職種連携が求められる中でなかなか進まなかった、看護、介護、そして医療とのスムーズな連携を実現します。 今回、青森県八戸モデルの構築に尽力いただいた「はちのへファミリクリニック」理事長 小倉和也 先生にお話を伺いしました。

また世界初ともいえる遠隔聴診プラットフォームを医療ベンチャーであるシェアメディカルと通信事業者であるNTTスマートコネクトが共同開発した経緯について代表の峯が開発秘話を語ります。


137回の閲覧0件のコメント