書籍「マーケティング視点のDX」にネクステートの成功事例が掲載


デジタルトランスフォーメーション(DX)が世界的に注目されています。特に新型コロナウイルス感染症によるニューノーマルな社会に対応するため、企業は早急にDXを取り入れないといけません。しかし成功事例が少ないのが実情で、これはDX=単純なデジタル化という解釈が多いからです。


シェアメディカルが開発したデジタル聴診デバイス「ネクステート」も単に聴診音をデジタル化しただけではありません。ある医療センターではコロナ禍で感染防護を目的としてネクステートを導入し接触感染を防ぐためスピーカー聴診に切り替えました。しかし現場では思わぬ効能が生まれます。スピーカーで聴診音を聞く事ができるのは一人だけではなかったのです。結果的にその場にいる他の医師や看護師も聴くことができ、今までできなかった聴診音の共有化、そしてディスカッションが自然と生まれました。

ネクステートが医療DX2.0を成し遂げたのは、こうした現場の知恵と必然から生まれた偶然です。

本書はこうした多数の企業の事例、そしてそれを系統立てて学ぶことができるDXの本質を学ぶ優れた書籍です。シェアメディカルの事例もzoom社、ウォルマート社、富士フィルム社などと並び掲載されています。


■書籍情報

「マーケティング視点のDX」

著者:江端 浩人

出版社:株式会社日経BP

発売日:2020年10月19日

価格:1,760円(税込)

ISBN:978-4-296-10739-1

Amazon:https://amzn.to/3jE97nK

30回の閲覧
東京都千代田区大手町1-6-1​ SPACES大手町ビル

Copyright © Sharemedical 2014, All Rights Reserved.